風俗小説に必要な風俗体験

週に一度は風俗に通う私だがせっかくなら何か形に残したいと思い、サイトを立ち上げた。本業は小説家なので体験談がどうしても小説風になってしまう。デリヘル・ホテヘル・ソープなど様々な業種で遊んでいるが、有料アダルトや覗き屋などエロに関してはどんなものでもイケる口だ。全てのエロを体験して全てを文章として残す。いずれは日本中の風俗を訪問して全ての体験談を書いていきたいと思う。

風俗小説執筆に必要な風俗体験

ホテヘルでの風俗体験

受付を構えているホテヘルは現在最もオーソドックスな風俗と言え、地雷を踏む確率も低いとされている。ここで必要なことは風俗店員とのコミュニケーションだ。一見の客には必ずしも本当によいキャストを紹介してくれるとはいえないが、しっかりと自分の好みを伝えることが重要だ。そうすればこちらの性癖に合ったキャストを教えてくれる可能性が高まるからだ。お店としては「リピーターになって欲しい」「キャストにお茶をひかせたくない」との思いが交錯する。タイミングでは両者が満足する結果になりうるので、適度な交渉があたりの風俗嬢と遊べる確立を高めてくれるといえる。

ソープでの風俗体験記

ソープはいまだに風俗の最上級に位置するジャンルなので、様々なドラマが生まれる風俗だと言っていいだろう。客とキャストの心の機微を書き綴っていくのが小説なので、やはりソープには定期的に通って情報を収集していくべきだといえる。

関西の風俗に足を延ばす

都内の風俗に行き尽くした後に関西の風俗によく通った。勿論大阪が関西風俗の中心地であり、様々なデリヘルやソープ、そして飛田新地あたりを回って満喫してきた。遊郭の名残であるちょんの間と言われる風俗は確かに楽しい。異国情緒を味わえるのでお勧めだといえる。風俗の少ない京都でも店を探してみるのは面白い。京都風俗で検索すれば適切な風俗店がずらりと出てくるので参考に。

風俗の求人を考える

風俗小説には風俗の求人から考えていく思考も欠かせない。現在の風俗求人は基本的にWEB上で行われており、働きたい地域や条件を風俗嬢側が検索・入力をして条件と合致するお店に応募する形式だ。風俗で儲けたいと考える経営側としては、キャストはどれだけいても問題ないので、ある一定以上のキャストであるなら積極的に採用している現実がある。女性が応募するのであれば関西風俗求人でよい店舗を探すのがよいだろう。